HOME > 自主機械警備システムNEXT

自主機械警備システムNEXT

「狙わせない」予防を重視した防犯システムの決定版

自主機械警備システムNEXT

自主機械警備システムNEXTは「防犯」の文字通り「犯罪を防ぐ」システムです。
予防(抑止)こそが最も重要だと考え、「狙わせない」
自分の安全は自分で守るが基本というコンセプトに沿った最新の防犯システムです。

ここが凄い!!自主機械警備システム4つの特徴

特徴① 抑止(予防)・・・狙わせない!!

例えば病気になってから著名な先生に見てもらって手術をしてもらえるのと、病気にならないように免疫力をあげて健康になるのとならどちらがいいですか?多くの方が「病気にならない方がいい」と答えられると思います。保険も同じで、なければ困りますが、それ以上に保険を使わないで済んだ方がいいに決まっていますよね。

「安全・安心」の場合でも同じです。泥棒や火災・放火など犯罪が発生してから駆け付け等の対処をするのではなく、犯罪対象から外させて「犯罪に遭わないようにする」ことで犯罪被害を未然にふせぐことができれば本当の意味での「安全・安心」を得ることができます。

セキュリティハウスはこうした考えから防犯の基本は「抑止(予防)」にあると考えました。
犯罪者の心理に働き掛け、犯罪者が嫌がる環境を作ることができれば、犯罪者が避けて通る・・この考えの背景には警察庁発表の「犯罪防止4原則」という考えやセキュリティハウス独自の犯罪者心理の研究があります。

犯罪防止4原則

犯罪防止4原則

① 目:人目につくのを嫌がる。

② 音:現場での音を嫌がる。

③ 光:明るく照らされたり場所が明るいのを嫌がる。

④ 時間:侵入に時間がかかるのを嫌がる。

抑止

犯罪者は完全犯罪を狙い、侵入しやすい場所を見つけるために「下見」を常に行っています。
そうした犯罪者が下見の時点で嫌がる「見える防犯」
・・セキュリティキーパーの「警備中」という文字が犯罪者を精神的に抑止。犯罪対象から外させます。

特徴② 威嚇撃退・・・侵入させない、犯行を継続させない!!

それでも、侵入を企てようと敷地の中に入ろうとした時には赤外線センサーにて侵入者を検知し、その場でメッセージやサイレン音・フラッシュライトなどで威嚇撃退します。

赤外線センサー

赤外線センサーによる侵入検知

屋外ベルボックス・フラッシュライト

屋外ベルボックス・フラッシュライト

大音量の音と光で犯罪者を威嚇撃退

セキュリティキーパーは侵入時にはメッセージやサイレン音を鳴らし、威嚇撃退。

窓扉開閉検知センサー

窓・扉開閉検知センサー

建物の中に入らせない。

室内検知センサー

室内検知センサー

重要な部屋への侵入を検知

侵入センサーの信号を受け取るコントローラと屋内用ベル。
各種侵入検知センサーが異常を検知すると、大音量のサイレンやベル、セキュリティキーパー等が音やメッセージで犯罪者に対し威嚇撃退。又近隣の方に異常発生を知らしめます。

同時に、あらかじめ設定した通報先へ瞬時にメール、その後音声メッセージで異常発生を自動通報いたします。
(管理者等5か所)

特徴③ 保証と補償

品質保証セキュリティハウス梅田の自主機械警備システムNEXTに使用するセキュリティ機器は、警備業界シェア№1の竹中エンジニアリング株式会社の高品質商品です。

補償万が一の火災・盗難・破裂爆発の被害に対するお見舞金制度もご用意しています。(オプション)

特徴④ つながる安心・つなげる安心 設備管理サービス・24時間ヘルプデスク

設置してからは、お客様の手をわずらわせないメンテナンス&サポート体制でさらなる安心をご提供いたします。

遠隔保守サービス:

最新のサーバーでセキュリティ機器の異常を見守り。万が一の故障を把握し、翌日に連絡し敏速なメンテナンス対応を行います。(別途契約が必要です)

同時の設備管理用サーバーにて機器の異常を管理します。
機器の修理対応やカード紛失時の抹消、新規の登録・連絡先の変更などが速やかに対応できます。

お客様自身も、携帯電話から遠隔でコントローラの設定変更・制御ができます。

又、誰が何時にセット解除したかをPCや携帯電話にメール送信して知ることができます。
セットお忘れの場合にもメールにてお知らせします。

夜間休日ヘルプデスク:

保守メンテナンスのご依頼、お問合わせは窓口専門オペレータ―が対応します。
Share on Facebook